奢られの美学。

会社の人とご飯を食べたとき、面白い話になったので書きます。

その人の友人の女性、ある悩みを彼女に打ち明けたそうです。

・彼女(友人)は彼氏より8歳年上。
・遠距離のため彼女が彼の元まで行くのが通例。彼のが忙しくて彼女のが暇だから。
・その際、彼女は交通費を出すので、会った時のその他の費用(食事など)は彼負担でトントンとしている。
・収入は彼の方がかなり上。

この状況で、 彼が彼女の家に来たときに
交通費は彼負担ですよね。
だけど食事の時、彼はお金を出すことを躊躇したそうなんですが、彼女はエッ?となったそうで。

この場合、どっちが払うものだと思う?!というのが話のネタでした。

これ、男女の金銭負担の難しさの縮図のような話で。

男が払うのか?
男女は平等であることが前提なのか?
年長者が払うのか?
収入が多い方が払うのか?
っていう問題が混在した話のような気がします。

そして、会社の人はこの件についてネットを見たそうです。
で、ネットのよくある
「男女平等。女がしぶるほうがおかしい」
という男の意見を見て、
ちっちぇえ男だな!!
と思ったそうで。

いや、私も、彼女払わないの?!って思いましたとは言えませんでした。笑

その会社の人は、今までの彼氏は全部出してくれる人だったそうです。
ちなみに男は養分みたいなタイプじゃないよ。
ライターさんなので、フッツーの人です。

彼女いわく、バシッと払えば彼女の株も上がるのに、数千円程度のことで、あれこれを気にするなんてちいせぇ男だな、お店の中でこまごまやってるって、男として情けないとか思わないんかね?
と思ったそう。

そして、かっこよくいることに対して意識がない、情けないことに対して抵抗がない、プライドがない
そんな男性なんなんだ?とも思うけど、
それはかっこよくさせない、それを評価しない女性の責任でもある、と言ってました。

彼女は九州出身で男性は男気、女性は3歩下がってみたいな世界で育ったらしく、男性の立て方みたいな話もしてくれたんだけど。

おごるよってなったら、当然女性は支払いますって言いますよね。
そのあと男性が再度おごるよって言ったときに
「えー甘えちゃっていいの?」とか「そんなこというと、ほんとに遠慮しないよっ?」
っていうそうです。
そうすると男性は当然
「甘えなよ!」「遠慮しなくていいから!」
と返すので、そこですかさず
「おー!かっこいい!ありがとう!」
っていうんだって。
かっこいいっていうのが大事で、男性のプライドやかっこよくあろうとする心を応援するのだそう。

また表ではそれ以外でも徹底的に男性を立てるんだって。
そして気持ちよくいてもらう。
そうすれば、男の人だって彼女を食事に誘いたくなるでしょ?って言ってました。
女の人も何もしないで旦那が外に連れてってくれないとか言っててもダメだよ、と。

なるほどくん!!!!


その後、割り勘主義の話になり、彼女がすごい面白い仮説を立てていたんだけど。

彼女は高卒ですぐ会社勤めをしてたのですが、食事に行ったとき、働いてるとはいえお給料も少ないだろう高卒の女の子に払わせるなんてこと、普通しませんよね。
だから、男性は払ってくれるのが当たり前だと思ってたそうなんです。
当然男性陣も女の子と遊んだら払うというのが当然の流れになり、どうお礼を言うといいかというのも学びます。

つまり、男性は女性に対して多く払う、払ってくれたら男性をリスペクトするっていうのが、男女ともにここでインプットされるのではないかと。

私たちでもありますよね。
会社の上司=多く出してくれるっていうの。
出してくれないと、多く出さないの?!って思いますよね。
そんな感じらしいです。

しかし、女性が大学に行った場合。
社会に出る前に大学の飲み会を経験します。
学生どうしで男女の経済状況が一緒なので、割り勘が普通ですよね。
男女平等意識がしみつきます。

女性も出すことが普通と考えるでしょう。
女性に対しておごるっていう習慣がつかないまま、リスペクトされる良い経験を積まないまま男性も社会に出ます。
(遊んでる男性は学生時代でも奢ったり見栄を張ってるでしょうから、ここでいう男性は比較的女性経験の浅い人になるんじゃないかな)


そうなると、付き合ったとき、出さない女性を見た時になんで払わないの?となるのは当然。

確かに自分と給与水準が同じ女性なら女性もだすことに抵抗はないでしょう。
でも、一般的には女性の方が稼ぎは少ないわけですから、割り勘にされると収入比に対して痛いのは女性なんですよね。
ここに軋轢が。
おそらく金銭的痛さより、そういうこと何も気にしてくれないというストレスの方がでかいと思いますが。


これが、今の金銭平等主義の原因じゃないの?という。


結構荒っぽい論説で穴も多いけど、なんとなく言いえて妙な部分もあるなと非常に関心しました。

なるほどねー

中堅の処世術。

あいもかわらずロマンティック★仕事モード。
うえーさっき帰ってきた。老婆には辛いっす。辛いっすよ。

同僚の仕事の仕方が適当すぎて本当にイライラする。
なぜ年上の自分より部署のキャリアが長い人間に、人に依頼をする時は5W1Hを踏まえて依頼を出すようにと伝えなくてはいけないのか。
何これ?新卒教育?


その人は、別の案件でタッグを組んでいるのだけど、自社や自分にとって都合のいいことしか考えられないみたいで、そんなことやっても人やモノはついてこないよってことを平気でポンポンいってそれを推し進めようとする癖がある。
MTGの時は、それは実現しようがないですよっていうのを論理的に説明して行かないと納得してくれず、いちいち話が脱線するため本当に面倒くさい。
言えば理解してくれるところはありがたいのだけど。


うちの会社は、会社が組織として成熟する前に会社規模が大きくなってしまったため、マネジメントスキルや教育スキルのない管理職が多い。
そのため新卒で入った人は本来であれば上司から得られる実務スキル教育をしてもらえず、いつまでたってもビジネススキルが鍛えられないまま中堅になっちゃって悲惨な事になっており、本人のせいというより会社のせいではあってかわいそうだなとも思うのだけど。


その人には、今の案件の後もタッグ組んで二人でやっていきましょうよと言われているのだけど、
え?!って感じです。ほんとう。



イライラするというのは結局その人と同じ土壌に立つことになるので、
「あぁ、この人はそういう人なんだな」
と思いたいけど、なんか下に見てしまう感じがしてそれもどうかというのもあり。

もっと普通に
「あぁ、この人はそういう人なんだな、じゃあそれにあわせてやっていこう」
と思いたいんだけど結構難しい。

他人は自分の悪いところを教えてくれる鏡。
他人は自分の悪いところを教えてくれる鏡。
うーん。

人のお役にたてればそれで良いという謙虚さを持って当たった方がよいのか。
そこまでの大人力がまだない。
うーん。

もう寝ます。

あ、あと大事なこと忘れてた。
スマホアプリのブックウォーカーで乙嫁語り85円で売ってます。
単行本もってない人買った方がいいよまじで。



※追伸
拍手にコメント下さった人ありがとう!

恋と結婚の“ルールズ” の感想レビュー。


ルールズ―理想の男性と結婚するための35の法則ルールズ―
理想の男性と結婚するための35の法則

(1997/02)
エレン ファイン、シェリー シュナイダー 他

商品詳細を見る



恋と結婚の“ルールズ” THE RULES JAPAN―幸せを手に入れる絶対法則 (青春文庫)恋と結婚の“ルールズ” THE RULES JAPAN―幸せを手に入れる絶対法則 (青春文庫)
(2007/07)
エレン ファイン、シェリー シュナイダー 他

商品詳細を見る





ルールズはいっとき流行りましたね。
有名な恋愛駆け引き指南書です。
ある書評でこの本とジョンウェイのある本(これも後日感想書きます。)
が出ていて興味深かったので読んでみました。
上の35の法則が本筋で、下の恋と結婚の“ルールズ”は補足版といった扱いのようです。
ブックオフに恋と結婚~しかなかったので、私はそっちだけ読みました。

で、先に言うと、この本ミスリードしやすいです。

これが欧米文化と日本文化の差でそうなっているのか、筆者の文体の問題なのか分かりませんが、
役に立つ内容もあるのだけれど、前提として自分というものがしっかりとあって、
そのうえで自分の役に立つところだけを参考にするという使い方が適切と思われます。

これは恋愛ノウハウ本のすべてに言えますが、
それを実践するのが、自分の置かれた環境において適切だと判断したのは自分であって、
その結果状況が悪くなったとしても、それは本の内容が悪いという判断にはならない。
(何の道具をいつどこでつかうか判断しているのは、あくまで自分)
という前提を念頭に置いた方がいいと思います。

なんで最初からこんなこというかというと、本にも相手を思い通りにしようとするなと書いてあるのにもかかわらず、「相手が自分に尽くしてくれる」という欲に振り回されて失敗して、この本マジ役に立たないし!とのたまってるブログを多く見たためです。


ではどんな内容なのか?
この本の主旨をならべていきます。

・自分を大切にし、自分を磨きあげる。(自分は大切にしないと大切にしてくれる人は現れない。)
・連絡、メールはこっちが主導権を握らない。連絡が来たら返すというスタイル。
・デートの予定などは男性にお任せする。積極的に引っ張らない。
・長々デートしない。ほどほどでお開きにする。
・突然会うことに応じない。
・自分から会いに行くのは3回目以降。
・5与えられたら2返す、10与えられたら9~10返すという風にする。
・デート代は割り勘にしないこと。
・「今とても幸せで忙しい」印象を与える。実際アクティブに忙しいのが理想。
・自分が頑張らないと続かない関係はどちらにしろ長持ちしないから諦める。

ばっくりいうと、「男性は好きな人には追いかける生き物なので、こちらから追いかけないと関係が進展しないようなら諦めたら?そこを無理にやるからおかしな話になるんじゃないの?」という話ですね。

具体的にいうと、
女の人から追いかける→すぐに手に入ってしまう女性→男性としては、努力しな
くても手に入る、逃げない女性となる→興味が薄れる→女性に対して喜ばせよう
としなくなる→女性にこんなに尽くしてるのにという意識が強くなる→男性に対
して求めるようになる(○○してよ)→クドクド言われると人間やりたくなくなるのが常→
女性さらにイライラし、男性もこんな女イラネとなり破局

というバッドエンドルートを断ち切るための自己防衛術として上記主旨をやりましょうという流れです。
上記バッドエンドルートって、結構よくある話な気がします。

駆け引き指南書と言うと[相手]をどう操縦するかという話に思えますが、
[自分]がどうやってバッドエンドを回避するか。
[自分]がよりよいとおもう場所を作るためにはどうしたらいいか。
[自分]をいかに見つめ、制してゆくかそういう話ですね。
相手を変えようとするなら自分が変われという話に近いです。



さやかもこれ読んどけば魔女にならなくて済んだのになぁ



また、男性のおかけたくなる性質を利用しているので、こっちから追いかけ回すより、
相手にあわせた方が「この人のために何をしたらいいか」を考えてくれるようになるそうです。
女性もそうですよね。逃げられたら追いかけたくなると思いますけど、
追いかけられると逃げたくなりますよね。

そうでもない人とは話がトントン拍子に進むのに、すごい好きな人とはうまくいかないという方は、自分の敗因を確認するのにはうってつけだと思いますよ。
別にそういう星に生まれてるとかではなく、自分の態度がそれぞれの結末を生んでいるんだと本を読むと実感できると思います。


ただオタ夫婦向きではないかな。
オタカップルの理想像とルールズが目標とするカップル像は違うなというのは明白なので。

とはいえ100円でブクオフにありますので、興味があればどうぞ。
100円分の価値はありますよ。

視野が狭い本なので、良書と言えるかどうかは判断に迷いますね。
ところどころのエッセンスをうまく使えば良書なんですけど。。

中期的展望

生きてます。
生きてますとも。

生きていますが、人生は死んでいます。

昨日5年前に努めてた会社の近くに行く用があって、帰りに昔よくいた公園に寄ったんですよ。



銀座のADKのとなりの公園ですね。
よくこの公園で泣いてました。
泣いてたっていうか、昼にごはん食べられることなんてなくて夕方とかにお茶買って休憩してると勝手に涙出てくるんだよね。仕事に疲れきって。
超絶ブラック企業にいたので、ほんと悲惨でしたね。今思い出しても。

昔はなかったスカイツリーが見えます。
時は流れているのだなと感じます。

5年前といえば24歳。
公園で景色を眺めてて気づいたのだけど、よく考えると5年前からは想像もつかないような生活をしています。

こんな仕事につけるとは思わなかったし、何不自由なく都内で一人暮らしをしてるなんて、それだけの稼ぎがあるなんて(今が高給というわけではなく当時がほんとひどかった)想像もつきませんでした。

さらにその5年前の19歳の時、24歳の自分がIT業界に入るなんて夢にも思わなかったし、将来何やりたいとかあんまりなかったので、まさか自分が仕事が何より楽しくて仕事の虜になってるなんて想像もしなかったです。

さらにその5年前の14歳の時、 19歳の自分が四大に入ってるなんて、しかも小学生の頃から妄想ネタの定番だった時間割全部美術っていうのが大学生活で叶うなんて、本当に思いもよらなかったです。



だから、今はすごいしんどくても、
5年後は想像もできないくらいよくなってるはずだろうなって。
きっとそうだろうなって。

そう思わないとやってられねっす。

これから会社行ってくる。
わっふるわっふる!
おしごと、たのしいな!いっぱい嬉しいなっ!

そう思わないとやってられねっす。(2回目)

引越し

というわけでね。

ラッキーな人の法則の読書レビューでも書きましたが、ラッキーな人生って、アンラッキー率が他の人より高いです。
1つだけ経験するのでもレアな事件が人生で何回も起こります。


そんな私にも、春の訪れとともに新しいピンチがやってきました。

こんな大物、おれぁ30年生きてきて初めてみたぜ…こいつぁゾクゾクくるぁ…


なんと急きょ引越したほうが良いんじゃないかということになりまして。
別に私なんも悪くないしストーカーとかそういうのではないのですが。

去年も仕事で相当色々あったので、正直ピンチがハイペースすぎて疲れますね。

はー。めんどくせー。


とはいっても、今の家は仕事が忙しすぎて会社の超近くに住まざるをえなかったため家賃が結構お高い。
ですが今は超暇かつ貧乏人なので別にもう会社の近くに住む意味もないんじゃないかな―と思っていたところに、
採光面の東側にマンションが建って全く日が当らない部屋になってしまっており、
そこへ引越した方がよさそうなトラブルまでやってきて、なんかもう越さざるを得ない空気です。


引越し先は23区の右下がいいなーと思ってるんですが。

通勤がほぼ倍の時間になってしまうので悩んではいるんですけど、
銀座秋葉原上野浅草という私の大好きスポットが凄く近くなる上家賃が異様に安くてあらがいがたい。

あと十条に住みたいんだけどなぁ。
家賃安いし、JR2路線、巨大商店街あって治安良好で最強すぎるよ。
しかし最寄りが地獄の埼京線っていうのが、十条のよさをすべて相殺してあまりある。

なやましおす。
なやましおす。

あえて引越さないで済み続けるっていうのもあるんですけどね。
ちなみに住み続けると、家賃がガクンと下がるんです。
その代り有事の際は、いつ追い出されるかわかったものでもないというね。

おっと、不動産業界の方が読んだらどういうことか分かってしまいますね。
おしゃべりが過ぎたようだ。

さらばだ!セーラームーン!

ヤマザキ春の美術館祭。

興味ない人には
なんなんだって話ですが。

今年、美術展がかつてないほどの熱さを見せています。
質量ともに半端ない。
少なくともここ10年で一番熱い。

まず年始にエルグレコ展、
今月からラファエロ、ミュシャ、ルーベンス。
そのあと、ダヴィンチ、プーシキン展でルノワール祭、
秋はターナー大回顧展、ミケランジェロ。

そして今年のこの画家のラインナップ見たとき、

ドナテロ展があれば完璧なのにな!



って思ったのは私だけではないはず。
三大画家が一年に揃うのってかなり珍しいですね。


東京都美術館のエルグレコ展も、国内で人気無さ過ぎて全く絵を持ってきてもらえなかったのに号泣ものの神展示でマジびびりました。
キュレーターの本気見せてやんよ!!って言わんばかり。


そんな訳であまりにビック展覧会が多いので、少しでも安くしようと前売り買ってきました。



ラファエロ、ルーベンス、ミュシャですね。
ルーベンスはカス展示っぽいけど、

これ持ってくるらしいので行くしかありません。


そういえば前売りをJTBの代理店で買ったら商店街のキャンペーン引換券くれて、近くの化粧品店でこんなのもらった。



きゃわわわわ。゚ .ヾ(*´∀`*)ノ. ゚。

アルビオンの基礎化粧サンプルセット。
中身は全部持ってるものなので有り難みが薄いけど箱が可愛すぎる。

ほんとはJTBで旅行した人が引換券もらえるらしいんだけど、チケット2000円分買ったくらいでもらえてお得すぎ。
いやっふーい。

オタクの見分け方

【問題】
以下はオタクである4人の
コミケについての発言です。
オタク度が高い順に、A~Dを並べなさい。

(ボンボン坂高校入試問題 配点40点)


A『なのは限定グッズ買うために徹夜するハァハァ』

B『行ったことあるよ。一回だけ。』

C『毎回行くよ。3日目しかいかないし、行く時間は1時位かな。』

D『朝から列んで大変だけどやっぱり行かないとね!』


【答】
CADB

【解説】
まずBは一度しか行ったことがないことから、オタク度は一番低いことがわかり、
Aの徹夜の発言から、A>D>Bであることがわかる。
Cについては、ADよりもオタク度が低いように一見感じられるが、
争奪戦をさけ、あえて三日目の午後に行く意味を考えると『何の用もないけどとりあえず行く』というスタンスが伺える。
これは趣味としてのオタクではなく、
『生活の一環としてのオタク行動』(教科書58P参照)ととらえることができ、
Cにとってコミケに行くことは息をするのと同じであると推定できる。
よって答はCADBとなる。
また、Cのような状態は、ABDの状態を経て至る。(これを『昇華』と呼ぶ。





この前、ちょっとオタクの人とめちゃくちゃオタクの人と話してた時、漫画の話の最中に私が相当なオタクだという事がばれ、
その時に私が
『コミケは3日目の午後になんとなく毎回行っちゃうくらいオタク。』
と表現したところ、ちょっとオタクの人は
「それって普通のレベルってこと?」
と返してきて、めちゃくちゃオタクの人は
「うわーそれはヤバイね。息をするようにオタだねwwwもう戻れないねww」
と返してきて、
おもしろいなーと思ったという、そうそう話。

プレゼント上手はデートを制す

というわけで、
前回の割り勘のススメに関連して、
プレゼントについて話したいと思います。

元孤女のくせに何偉そうに最近恋愛だのについて論じてるのかホント自分でも意味がわかりませんが、
だってもうコノブログ、ほとんど婚活ブログなんだもん…
婚活の記事ばっかり見られてるんだもん…
ニーズには答えたいこの職業病。

さて話戻りまして。
私はプレゼント魔でプレゼントを良くしますが、
これには当然プレゼントをすると自分にとっていいことがあるからに他なりません。

では何がいいことなのか?

続きを読む »

«  | HOME |  »

プロフ

広瀬。 about

・昔はいろいろやってました。
・今は家(1K)と仕事だけが友達。
・いわゆる孤女。

最近の日記

婚活パーティいってみた

婚活パーティー PARTY☆PARTY
少人数個室型の婚活パーティ。運営もしっかりしてる一方男性は参加条件厳しめ。

PARTY☆PARTY レポはこちら
婚活PTオススメ度:★★★★☆

婚活・恋活「シャン・クレール」
とにかく参加女性が若い。参加費も安く参加条件も厳しくないので、婚活初心者や恋活したい男性におすすめ。

シャンクレール レポはこちら
婚活PTオススメ度:★★★☆☆

婚活パーティ ホワイトキー
20代後半~の本気度高い人多い婚活PT会社。
全体年齢が高いので、30歳以上の女性にもおすすめ。

ホワイトキー レポはこちら
婚活PTオススメ度:★★★★☆

人気オタク婚活 アエルラ
オタク婚活。参加費高いけどちゃんとしてる。
社交的な20代後半~オタが多いが波がある。

アエルラレポはこちら
婚活PTオススメ度:★★★★☆

老舗オタク婚活「アイムシングル」
オタク婚活。参加費安い。
オタクで婚活初参加にはもってこい。

アイムシングル レポはこちら

婚活PTオススメ度:★★★☆☆

■facebook婚活「pairs」「omiai」
ネット婚活です。両社の比較と攻略法を編み出しました。

レポはこちら

婚活関連の話いろいろ

■婚活パーティ攻略
婚活パーティ必勝法!
女性向婚活攻略。その辺の婚活HOWTOより自信あります。笑

婚活後面接1回目FO理由辞典
婚活PTでいいなーと思ってもデートで即FOされる"即死魔法"を集計。

■婚活関連
合コンについて語る。
合コンBBAとして活動した果て、ひとつの真実にたどり着きました。

彼氏をゲットするサミット2013
婚活はじめる前にどうぞw

奢り奢られ問題に終止符を打つ。
うつ。

年収500万神話を検証する
年収500万の現実をまとめました。

服の買い方
比較的普通ですが参考になれば。

主導権と優しさを間違える。
オタク男性の7割が当てはまる不思議な現象。

■グルメ関連
婚活デートオススメ飲食店

婚活デートオススメ飲食店?2

■そのた
タイムチケットについて。
直接会いたいというお問い合わせについてはこちらをご覧下さい。

最近のコメント

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
5位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ