FC2ブログ

とにかくはきだす

ブログはストレス発散なので色々書きたいんですがなかなか時間とれませんね。

色々書きたくて話ばかりたまります。

・実は私は数年前からやってて実績もある、今はやりのステマをほぼ確実に見抜くほうほうの話。


・天体戦士さんレッドの来月発売の特装版、アニマルソルジャーフィギュアつきの存在を知らなくて急いで予約したけど本とに届くのか怪しくてそわそわしている話。


・女性漫画家長者番付一位常連の峰倉かずやの病気が想像以上に壮絶なことが判明し、むしろなぜ生きることを選んだのか考えさせられる事態になりつつ、生きるってなんだ?と言えば頭に浮かぶのは野田聖子の子供の話。

・ダンボーミニ予約した!!はよこい!という話。

・はじめて仕事用の手帳を買ったんだけど、仕事のスタイルにマッチするのがほしくてこだわりがあって、さんざん探し回って見つけた、1ぺーじ1日で重くない手帳のおかげで日々が色々はかどりもっとはやく買えばよかったとすら思った話。
EDIT デイリープランナー エディット | MARK'S DIARY | 1日1ページ手帳2012
そして山崎蒸留所のペンが重くて書き味悪いのに使い続けている話。


・図書館で借りたカレカノが読み終わりあまりの名作ぶりに津田雅美の才能に感動しつ、
その後読んだ満月をさがしてで、十数年来の疑問だった種村先生(当時24)の年収が年齢に丸ふたつつけたより多いことがペンシャキから読み取れびびると共に、相変わらずの種村節のモノローグをみて、
またカレカノの一番最後のぺーじを見て、
津田さんも種村さんもやっぱり女性実業家なんだなぁと思った話。


・銀座の街中でコミケが開かれてて、私はコミケと同じように、被写体ではなくとってる人混みを撮影しつつ、
銀座なのに、一般人なのに、それでもビックサイトとかわらんきもさだ…と不思議な感覚に感心した話。


・いとこの結婚式にいったら、トルネコが現れて、絶対普通にしゃべれるはずなのにワターシノナマエハァとか変なしゃべり方て来て、聞いたこともない歌を初見で歌わされ、棒読みでジーザスクライストっていとこが言わされるもはやドリフにしか思えない現代の結婚式事情に思いを馳せたいけど、調べる時間がない話。

あーよし、気がすんだ。
ねます。
広瀬ヒロ
Posted by広瀬ヒロ