FC2ブログ

自己攻撃性と自省心が強い人達へ


このブログを読んでる方は、
自己攻撃性と自省心が非常に強い女性が多いと思う。


なぜなら、私がそういうタイプだから引き寄せあっているというのもあるし、
私がツイッターでフォローしてる人はブログから来てる人がほとんどだと思うけど、TLが時々、私はだからダメなんだ、がんばらなくちゃ、もっとちゃんとしなくちゃ、こういうのはやめなきゃ、みたいなワードであふれる時があって、そういうところからもその傾向を強く感じる。







で、その自省心とか自己攻撃性って直さないといけないんですよね。


しかしね、じゃあどうやって治すの?って話です。


よくそういうのを治す類の本読むと「自分を許してあげましょう」「自分のことを優しく可愛がってあげましょう」「インナーチャイルドの開放」「過去の共有」とか書いてあるけど、それができれば苦労しねーわっていう感じなんですよね。


これはACからの脱却を目指した時に、ほんとにありとあらゆる事やったんですが、なるほどと思うものはあっても、これといってはっきりとした効果があるものがなかったんです。


しかし、最近劇的に効果がある物を発見しました。






それは、




「そのメンタリティを直さ無いと死ぬな、っていう場面に直面する」




つまり、
言って解らない奴は殴る!!!




工エエェェ(´д`)ェェエエ工




って思うでしょうが、ほんと効果ありますよこれ。


実は年末年始、仕事とプライベートのストレスで緊急搬送されまして。

で、これはやばいなと真剣にこの自省、自己攻撃性について考えたとき、父親に言われたんですよね。

実は父と話したら、父も結構にたような仕事の軋轢を抱えて、その結果私と同じ症状になったことがあったそうで。


その言われたことというのが。

「頑張ること、目的を持つことが+だとしたら、頑張らない、目的を持たないことは-になる。
でも実は、そのあいだにすごく薄い±0の「普通」がある。
社会は努力と成長を求めるから、その普通という踊り場は、上に行くか下に行くかの岐路に感じるし、時には踊り場なんてないように社会は見せてくる。
頑張らなければ脱落だぞと。
でも実は、社会という軸でなくて人生という軸で見ると、その踊り場があるって認識することはとても大事だし、そこ自体にいるという選択も取れる。
踊り場にいるのが一番いい選択や、上に行く必要はあるんだけど、その前にひとまず踊り場から周りを眺めないといけない局面も、人生にはある。

だから、いままで頑張って働いてきたんだし、べつに踊り場にいてもいいんじゃないの。
そのうえでどこか行きたいなってなったら、また上がるなりすればいいんだし。

あと、怒りや努力しなきゃと言う気持ちは抑圧するとそれはそれで我慢や焦りになる。
だから、そういう時はおれは、まーいっかって思うようにしたよ。
まぁこれは訓練いるねw」

というもの。
いままでは頑張らない=ダメな奴、ドロップアウトという認識だったので、頑張ってもないしダメでもない「普通でいる」という新機軸に衝撃を受けました。
そしてそれを受け入れた。
若い頃は「そんなの所詮出来ない人のいいわけじゃん」位思ったでしょうが、もうこっちも生き死にかかってますからねw
受け入れるしかないw


ちなみに「頑張って働いてない人はやっぱり頑張らなくちゃいけないじゃん」という話になりそうですが、そこに対しても
「そもそも頑張ってない人は自分がどの階か?ということすらきにしないから、どんなに低い階にいても自分を責めたりもしない。
つまり、もっとやらなくちゃと思う人間はその時点で結構上り詰めてる可能性が高いから平気。
あと、孫さんとかみたいなほんとに上り詰める人って、そもそも登る苦しさみたいなの感じないメンタルがあって普通の人と違うから、世の中のほとんどの人は登ってたらきつくなるのは普通。」
みたいな話もしてました。



そしてこの話を聞いて父親まじすげーなと思った。
わたしの状態を見てピンポイントでこの喩えでこの話をしたことに。

この話は生きてく中でいろんな時に思い出したい。

完。
広瀬ヒロ
Posted by広瀬ヒロ

Comments 1

There are no comments yet.

ろみ  

すごいなぁ

お父さんとの会話もすごいし、家族、自分を客観的に見ているところ、私もできたらいいな、と思います。

そして、この自分でもいいや!て気軽さも持っていきたいですね^ ^

2015/02/22 (Sun) 10:06

Leave a reply