FC2ブログ

死にたいと思わなくなった理由


突然暗い話でアレですが、私はだいたい毎日カジュアルに「死にてぇ…」ってなる方なんですね。

恥ずかしくて死にたいとか、仕事で失敗して死にたいとか、明確な理由があるのとはまた違って、正直、「お腹空いた」くらいの感覚。
スナック感覚ですよ、もう。
スナックDEATH。

軽々しく言ってるかといえばそうではなくて、欲求としては確実にあって、
「今この瞬間自分の存在自体が一瞬で消えてしまうのならマジでラッキーだな」と日々カジュアルに思ってたりもします。

しかし、世間ではこれを鬱というんですよねー。
いやでもうつとは違うんですよ。


この長年の友であるスナックDEATH現象。

もう性格的にそうなんだろうなぁくらいに思ってたので20年近く気に求めなかったのですけど。

ある時、よく考えたら「週に何度か訳もないのに思うけど、どういう時に思うのかは考えたこともない」なぁということをふと思いまして。

毎週毎週飽きずにスナックDEATHカーニバルを開催してるのにのに20年間なんで開催されるのか全く理由がわからない。
その瞬間は確実に欲求としてあるのに。

こんなことあるのかい。


という訳で、参考になるかと思って、ためしにスナックDEATHがやってきたときに、何曜日の何時に、どんな場所で、どういう理由で思ったか?を2週間ほど記録してみたのですが。

その結果に驚きまして。



私のメンタルが理由なく悪くなる時は、過労の確率100%

そんな理由?!っていう。

しかもこの「過労」というのがくせもので、そもそもの健康レベルの標準が「まぁ元気はないものの、病気かといえばそこまででもないが、毎週何とか会社行ってやっとの思いで金曜日を迎えて土曜日死んでて日曜ようやく元気になるくらい」なんですよ。


そんな調子なので、そこから低気圧だとか、仕事が忙しくて残業が増えたとか通勤が長いだとかいう細かいダメージを受けただけですぐ「過労」になってしまう。


まさかそんな20年もずっとそんな状態なわけないでしょう、と冷静になって考えてみたのだけど。


思い出しても20年間ずっと

・勉強しすぎで疲れてる
・仕事しすぎで疲れてる
・通勤が辛くて疲れてる

どれかに当てはまっている。

そう、都会に生きる体力があんまり無い人間というのは、そもそもカジュアルに過労になる生き物だったのだ…!
そもそも普通に生きるので精一杯!

普通の人と!!前提が!違う!!!




おもうに、オタクって比較的カジュアルに死にたがってる人多いけど単純に疲れてるだけなんじゃないの?!と。
ほんと嘘みたいですけど。


その後観察も続けてみてますが、自分が元気だって思う認識ってあんまりアテにならないなぁってことです。

バロメーターとしては漫画とかゲームとか興味薄れてきてる時は、だいたいあんまり元気がなくなってきてるときなのかなと。


人間思ったよりそんな高度な動物じゃないんだなと。

感心した話でありました。



広瀬ヒロ
Posted by広瀬ヒロ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply