FC2ブログ

生きることに飽きた件。



人間、折に触れ
生きがいはなんだ、自分はなんのために生きているのか、など考える。

私も若い頃はなんのために生きているのか?
など思ったりしたものの、
この歳になり
「そもそも生きてることに意味は無い」
と思うに至った。

こういうと、楽しいこともあったでしょ?となるだろう。
自分自身、ここ数年をふりかえって楽しいことも多かった。
だからこそ、この世で起きるあらゆる幸不幸は、単なる生の中で起きる一過性の揺らぎの連続でしかなく、生の意義となりえるほどのものでは無いな、と感じた。

身も蓋もない言い方をすれば、
人生のあらゆる喜びやかなしみ、たったそれごときでは、生きる価値となりえない、と言う話だ。




しかし、世間はみな生きる意味を必要としている。

子供のために生きてる。
この1杯のために生きてる。
推しのために生きている。
人は何故か自分の生に理由をつけたがる。

なぜ人は生きている意味を必要とするのだろうか?

これは、人が知性を身につけてしまった代償ではなかろうか?

下手に知性を身につけてしまったばかりに、
人類は、生きる意味という概念を作り上げてしまい、自分で作ったなんの意味もない概念である「生きる意味」を求めて人生をうろつくようになった。

その彷徨の果ての産物が、発明、素晴らしい文化、戦争、紛争、この世の全てなのだろう。
知性がなければ、人はこのような世の中を生み出さなかっただろう。

同時に、こんなにも、なんのために生きるのかと悩むこともなかったはずだ。


そう考えると、昆虫という生き物がいかに生物としてすぐれているか思い知らされる。

人間の不幸は、「生きてることに意味が無いことに気づく」ことから始まる。
しかし、虫は、知性がないため「生きていることに意味が無い」ことに気づかないのだ。

ついでに痛覚もないため、痛いからつらい、寒いからつらい、といったことも感じずにすむ。

ただ、そこに存在するだけの生命。
マインドフルネスじゃん。

さすが、この地球上で最も繁栄している種族は格が違う。


仏教では、畜生よりも人間の方が仏に近いというが、本当にそうだろうか?

生の概念も死の概念もなく、苦悩もなく、痛みもなく生きる虫のほうが、仏教的概念を体現しているように思う。

実態としても、雑念にまみれた人間の生を生きることが、仏に近づく道なのだ、と言われればそれまでだが、
ドMでもない限り、仏に近いしんどい道より、仏に遠い楽しい道の方が圧倒的にいいだろう。



生きる意味についてもうひとつ不思議なのは、
よしんば生きてることに意味が無いとした上での
「生きてることに意味が無いから、生きてる間、楽しもう。」
という考え方について。

これはもっともな意見として受け入れられるのに、なぜか
「生きてることに意味が無いから、今すぐ死のう」
は社会的にダメなのだ。

いやほんと、なんでダメなんだよ…いいだろうよ…それくらい。と思うのだが。

「社会」というのは、ある程度の数の人間がいることを前提として、数の威力でみんなでメリットを享受しようというコミュニティだから、あまりフラフラと勝手に離脱されると、社会が維持できない。

お前が良くても社会がダメなんだよという話で、これは覚せい剤がダメなのと一緒だろう。


しかし、個人としては、考えれば考えるほど
「普通に考えて、人間、生きてる意味ないんだから、自由に死んでもいいだろ…」
と思ってしまう。
社会のスケールメリットを享受しておいて勝手な話ではあるが。



死ぬ、にも色々ある。
辛いから死にたいという人には、まだ望みがある。
辛くなくなれば死なない、ということだからだ。

私の言う死にたい、というのは、「スーパーで買い物終わったから帰りたい」に近い。
用もないのにスーパーで閉店までだらつける人が大半であり、社会的にもそれを良しとしているが、私は買うもの買ったらとっとと帰りたいのである。

なので最近は週7日のうち5日はほぼ毎日死にたいと思っており、そのうち4日は
「自分が心から望んだことは大体叶うのに、こんなに毎日願っても死なないのは、どういうことなんだよ…いつ叶うんだよ…しっかりしてくれよマーフィーの法則~」
と思っている。


そんなある時、念願叶って生命力がどんどん衰え死にかけて、社会人になって初めて無断欠勤(気絶して気づいたら夜だった)をしたのだが……

人間、簡単には死ねないことを知った。

たとえば、もし死に至る病になったとしよう。
しかし、死ぬまでには猶予があるため、生きなくてはならず、生活資金繰りで相当キツい目にあう。
病気なのに仕事をやめられない状態になり、歩くのもしんどい中、通院しながら勤める羽目になる。
(がんの人はよくこうなるらしい)

自殺するにしても、遺族の感情を考えると上手く死ぬのはなかなか難しいし、行方不明も周辺に与えるインパクト大きい。
また、自殺のことを考える度に、自殺に失敗して半身不随になった自殺経験者のいう「若くて生命力のあるうちは、人間、意外とスパッと死ねないものですよ、相当上手くやらないと」という言葉も重く響く。
そもそも、スーパーを出て家に帰りたいものの、スーパーのガードマンをなぎ倒し、カーチェイスしながら振り払ってまで帰る元気はない。

まとめると、死ぬこと自体は簡単だが、死ぬ前の段階で課される社会的制裁が超ハードモードなのだ。
もう何がなんでも死にたいという元気な人間以外、そうそう耐えられるものじゃない。

社会という組合の組合員になった以上、数が減ると困る、という組合の掟は破れないように出来ている。
この組合から脱退するためには、死よりもきつい制裁を越えないといけない。
社会は、ヤクザの組合かなにかなの?


そんなわけで。
こうして私は今日も、家に帰ることを許さぬ人生という名のスーパーで、興味のないコーンフレークの棚や缶詰の棚を見て過ごしている。

時折、新商品の棚をみつけ、興味を引くこともある。
けれど、それを知ったからと言ってどうってことも無い。
それでも帰れないので、スーパーにいるしかないのだ。



以前も言った気がするが、
来世は、虫に転生することを祈るばかりである。




ーーーーーーー
追記


これを書いたあと、
「よく考えたら、人生に対する飽きって他の人も感じてないのかな…?」
と調べて、出てきた言葉がごもっとも過ぎて笑ってしまった。



自分のことしかやってなけりゃ飽きますわい



言われてみれば、人生に対する飽きは、何らか義務を背負い、自分がいなければ成立しないなにか(この回答でいう他利)を、わざわざ自分で産み出せば解消する。

たとえば、家族を設けて、家を買い、子を育てる、などもそう。

だとしたら、この世とは「首突っ込まなくていいことに首突っ込んで、マッチポンプで他利を産み続けるゲーム」なのだろうか。

茶番感がすごい。
逆に言うと、茶番でもしない限り飽きるのが人生というもの、ということなのだろう。

それに、私は他利というものを、最近、胡散臭いもののように感じている。

他利を必要とする人間はいずれも「みんなで一緒にやろう」「仲間が大事」と言って、いつもまわりを巻き込む傾向がある。
社会もそれを是とするため気づかれにくいが、
他人からの助けがないと生きていけない人は、
社会との関わりとは、助けられる機会=助ける機会
である一方、社会性や知識が大衆の平均を上回る人ほど、
社会との関わりとは、自分が助けられる機会<<<<助ける機会
となる。
割に合わないのだ。

体験的にも、自分の他者より優れた部分は、人や世のために使うもの、求められたら有難く差し出すものだと思いやってきた時期もあったが、せいぜい

・他者が、その救済を当たり前になってあぐらかくようになる
・本人は騒いでるが、放っておいたらほっといたでも良かった話だった
・自分が楽するために他人を便利に使ってるだけ

辺りがいい所だろう。

他利と他者からの搾取、どう違うのだろう。


それとも、自らのマッチポンプでも、搾取でもない、真の他利というものが存在するのだろうか。

そんなものあるか?


コメント

さとう
若い頃と今、考え方が変わったように、老いてからか明日かは分かりませんが、考え方が変わるかもしれませんよ。まだ揺るぎない真理を見つけたとは言えないのでは。どうでしょう。
それに、時代が進んで、ヒロセさんが提示されている命題の真偽が証明される日が来るかもしれません。それまでスーパーに残ってみてもいいのでは。

生きる意味も、真の他利も、いまだ論理的に明文化されているものがないとしても、歌や音楽、絵画、本、映像などに、真理の欠片や始まりを見つけた方が、言語化できないそれを表現しているかもしれません。探してみるのはどうですか。
それらを読んだり聞いたりするのも、社会性や知識に限らず優れた他者からの利益だと思いますしね。




社会的制裁に耐えられそうな日が来ても、死なないで。
非公開コメント