FC2ブログ

男子小学生がふたりであそんだ話

どういったらいいのか
モヤモヤしたまま1日たったので書くけど。

昨日は知人が九州から来たので、接待してきた。
実はこのブログを読んでくれてた人で去年一回だけあってたんだけど、
何の縁か今年もあうことに。

なんと、午後休をとる気の入れよう。
16時に集合して、美味しいレバ刺しが食べたいというので高田馬場の座豚でさくっと食べる。
moblog_b8162253.jpg

この時点でまだ5時。すばらしすぎる。死んじゃう。
地下鉄で銀座駅下りたら、ラスクのハラダの列が奇跡的に大して並んでなくて、
相手も食べたことないというのでさらっと並んで購入。
110226_104007.jpg
白ラスクは良いんだけど、このオレンジ色のが凄いおいしい。
一時売れすぎで全然出回ってなかったけど。
中央が凹んだふわふわなチョコ生地?に、チョコが湖みたいに入ってる。
冷やして食べるのとあっためて食べるのどっちだっけ?って忘れてたけど、
あっためると超美味しい!!
チョコの湖が溶けて、ザッハトルテみたいになる。奇跡の食べ物。


その後、もう何年も行きたかった銀座のベルギービールパブファボリへ。
index.jpg

昔は銀座の大人がオシャレに騒ぐ隠れ家だったのに、特段普通な感じだった。
これは昔は小娘だったから何を見ても銀座凄い!っ手思ってただけなのか、どうなのか。
でも、プリンセスクラウンの酒場
prin018_20110226214900.jpg
を彷彿とさせる感じは楽しい。
しかしここのムール貝のワイン蒸しは最強。

そのあと、東銀座のバー、クリッパーへ。
ここも4年ぶりくらい。
P012032633_480.jpg
前はオーナーが自らちょくちょくウィスキーの買い付けいっちゃうものだから、
半月以上休むことがざらにあって滅多に入れない店だったんだけど、
最近は真面目に営業してるっぽい。
お店は昔どおり超高級感溢れる大人のバーだけど、
店員が変わったせいもあって、ジーパンスニーカーで入れる気軽さが良い感じ。
ちょっとだけウィスキー飲んじゃった。えへ。
だって珍しいやつが安かったんだもん。

相手が学生さんだったので財布は自分持ちだったんだけど、
ビール好きで酒強くてどこでも物怖じせず楽しんでくれるとくれば、
心置きなく店選べてフォォォォォ!!って感じだった。
対等な関係だと相手の財布事情とか、お金を出させる以上相手の味覚や趣味に合う店に限られるし。
部長とかが若い部下を飲みに連れて行く気持ちとか連れて行く部下のチョイスがわかったww


以下メモ。



なんかね、人生のことについて話すことに興味がある人って、あんまりいないですよね。
そういう人のほうが圧倒的に少なくて、10人いたら1人いれば良いほう。
いても、そういう話になることって滅多にないから、初期のピカチュウ並みに遭遇するのが難しい。

だからそういう話をできるのはとっても貴重で、色々思うこともあったんだけど、
中々興味があったのは、

たとえば別居婚はうまくいきにくい印象があるけど、同居してたってうまくいかない夫婦はいくらでもある
本人にマッチするかどうかはまた別の話だから、確率的な要素を元に判断するのはあぶない。


っていう。当たり前の話だけど。なんにしてもいえる話。

お互いいい年なので結婚とかちらちら見えるわけだけど、
本人は、走り抜けるのに一生懸命すぎて、あんまり回りにかまってる暇がない。
という所から派生した話だったんだけど。

わたしたち(といったら失礼かもしれないけど)は、
それこそ、小学校が終わったら、ランドセルを玄関に投げて
速攻で友達の家に遊びに行くような男子小学生と一体何が違うのかって話で
でもそういう人間が、自分以外にも世の中にはいるってわかっただけで、ちょっと心強い。


全然話が変わるけど、暗黒期に、自分の人生にフラストレーションを感じてた私に対して、
そのときのリーダーが、
「昇給とか昇格とか外的要素をを自分の成長評価にすると、それは挫折のもとになる。
自分の成長という絶対評価で自分を見たほうが良い」
という話をしていて、1年間ずっとそれにモヤモヤしてた。それが正しいのかどうなのか。

そして、いつしかそういう思考にたどり着くときが来るかもしれないけど、
それは挫折を回避するための手段としてではなく、きっと自然到達的に感じるもので、
まだそれには当分早いんだろうなと思った、
そんな2月の下旬の全くまとまりのない話でした。
広瀬ヒロ
Posted by広瀬ヒロ