FC2ブログ

偏執者としてのプライド

夕方にランチをとってたら、となりのカップルが会話しだした。

男性「つけまつげとかつけ爪とかあるじゃん?
最近つけ八重歯が出来たらしいよ!」
女性「え?つけ八重歯??」
男性「八重歯ってあると可愛いっていうじゃん?
歯科でできるらしいよー」
女性「へー確かに可愛いよね」

それを聞いてて思ったんだけどさ。

八重歯=可愛い

ではないと思うんだよね。

八重歯=可愛い子にあると更に可愛い

つまり、※みたいなものでさ。

もっとわかりやすく言うと、10代の若者がセーラー服を着ると、
その威力が極限まで高められるけど、
20代がセーラー服着たって、もう全然ダメな訳よね。
もう全っ然ダメ。
むしろ普通の格好してくださいっていう。


じゃあ、その付けけ八重歯は一体どこにニーズがあるのか。
ということになりますけど。


話変わりますが、私、強烈な眼鏡オタクなんですね。
どれくらい眼鏡好きかと言うと、眼鏡かけた人が好きすぎて挙動不審なコミュ障になるため、
眼鏡の人とは付き合ったことがないくらい好きです。
その結果、眼鏡の人を視界の端でストーキングするスキルなんかも得た位で、
そんじょそこらの眼鏡の男性が好きな女性とは一味違います。

さらに言えば、眼鏡単体でも興奮を味わうことが出来ます。

一番良いのは、細い銀縁(艶消しも可)フレームか、ふちなし。
ふちなしの場合つるは銀が好ましく、耳にかける部分の色は紺、えんじが至高。
セルフレームは不可となります。あれは眼鏡じゃない。
そして、ピカピカに磨かれてるけど、右のレンズの下にほんのちょっと指紋のあとがあると良いです。
これは、のちにその指紋を発見し神経質に磨く姿を喚起させ、
その様は初夏の小川のせせらぎのような清涼感すらあります。

そして、ななめ10度~25度くらいの角度で書類が何枚か無造作に置かれ、
その書類の右半分にかかる形で、
眼鏡がレンズ側を奥にして、机に対して45~60度の角度で、眼鏡のつるは、曲げない状態で置かれ、
さらに書類の左側脇に高そうなボールペンが無造作に置かれているというシチュエーションなども大変好ましいです。

この時眼鏡、書類、ボールペンは冬の第三角形のごとき黄金比を生み出し、至玉の輝きを放ちます。

素晴らしい。絶対正義。
永遠の楽園はここにあったんだー!!


で、付け八重歯の話に戻りますけど、
つまり私の眼鏡くらいのレベルで八重歯が好きなら、
その人が可愛い可愛いくないに関わらず、
付け八重歯の価値を評価できると思うんですね。

もう八重歯について偏執的に好きで、
八重歯の角度、位置などに理想の黄金比があり、
視界の端で八重歯の女の子を見てニヤニヤニヤニヤするような、
そういう人を好きになった女性にこそニーズがあるのではないかと。

つまり何がいいたいかというと、
前回のような鬱日記を書いたあとにさらっと電波日記を書ける自分に感心しつつも、
自分を心配してくれた人がこの日記をみた時、どれだけ心配したことがバカバカしく思うかを想像すると、
私は会わす顔がなくて、
どういう顔をしたらいいのかわからない、そんな今日この頃ですということです。

わらえばいいんでしょうか?
広瀬ヒロ
Posted by広瀬ヒロ