私のために命をかける人が現れた件 - -honjitu no hirose-
FC2ブログ
        

私のために命をかける人が現れた件

2011/ 03/ 21
安室透さんとオタク
                 
アクセス解析のログをたまに見てるんですけど、
結構変なキーワードで訪れる人が多いんですね。

名称未設定-8

ここまで自分の心に正直な検索ワードをぶつけられることに、逆に尊敬の念すら抱きますね。マジで。

名称未設定-7

KOEEEEEEEE!!!!

名称未設定-5

震災のあった翌営業日の検索ワード。
コメントのしようがない。
仕事ってなんなんだろうね。地震あってから良く考える。


という話はさておき本題なんですけど。
このブログがSEO1位をとってるキーワードがいくつかあるんですね。

それがこちら。

名称未設定-6

検索に引っかかってるのはこの記事

黒執事が流行したあたりに、とにかくよくコメントがつく時期があって、
大体が「ぼくと契約して魔法少女僕の主になってよ」という、
ゆんゆん系のコメントだったので放置してたんだけど。

今日久々にコメントが。

--------------------
君たちは執事の仕事をまるで理解していない。
そのように甘い仕事ではないぞ。

主君のために命を掛けられるのか。まずこれを問いたい。
--------------------

主君のために命を掛けられるのか。


主君のために命を掛けられるのか。


わ…私のために命をかけるというの……
そ、そんな…
藤盛、そんなこといけないわ。

注:藤盛
72bd4316e9c30ed57f02970da05a15ba_jpg.jpg

お嬢様「もし、あなたがいなくなったら、私はこのお屋敷でどう生きていけば良いの…。
あなたがいるから、息苦しい社交界でのパーティも、政略結婚のお話にも耐えられるというのに…」

藤盛「……」

お嬢様「藤盛は、私に死ねとおっしゃるのですか…」

藤盛「そ、そんなことはありません!」

藤盛「いいえ、同じことです。あなたのいない世界で生きることは、私にとっては死んでいることも同然!」

藤盛「申し訳ありません。私は…お嬢様がそこまでお考えになられていたなどとは思わず…」

藤盛「あっ…藤盛……」

藤盛「お嬢様……このままで…」

藤盛「……」

藤盛「もう藤盛は命を懸けるなどと申しません…一生をかけてお嬢様をお守りいたします…!!」







よし、寝るか。




                         
                         

コメント